カードローンの審査の基準は、銀行系や信販系、キャッシング系どの会社も同じ審査基準を行っています。

なぜ審査をするのかというと、カードローン会社は、担保を取らずにお金を貸すわけですから、返済能力があるのかを審査します。

借りる人の返済能力があるのかどうかを調べるのに、重要なのが信用情報です。信用情報というのは、借りる人がお金に関してどういう人なのかという情報です。

一回でもキャッシングやカードローンを使用したことがある人は、信用情報に「どこになんぼ借入がある」「どこになんぼ借入があったが返済した」などという情報が登録されます。カードローン会社は、返済能力がどのくらいあるかをとっても重視します。

返済能力があるとわかると次は、いくら貸すことができるかを審査します。現在、貸金業法の裁量規制により
年収の3分の1しか借入ができません。なので、他社から複数の借入額が年収の3分の1を越えていると借入できないのです。

あと、審査に落ちやすい人の傾向としては、公共料金や携帯電話などのの支払いに遅滞や滞納がある人です。公共料金や携帯電話の遅滞や滞納も信用情報に登録されてしまいますので、そういったものに遅滞や滞納などあると、社会的信用度が落ちるため審査が通りにくくなる原因です