カードローンの審査基準というのは各金融機関によって異なります。各社の審査基準は公表されておらず、したがって「どこそこの会社の審査は甘い」というような不確定な情報は信用できません。
審査が通るかどうかは、実際に審査を受けてみなければわからないのです。しかし、受けてみなければわからないからといって、次々と何社にも申し込むようなことをするのは良くありません。
仮に今、一つの金融機関から借り入れをしていて、別の金融機関に借り入れの申込をしたりすると金融機関にとっては心象の良いものではありません。
もしそこで断られて、また別のところに申し込むようなことをすると「お金に困っている」と受け取られることになりかねません。「申込をした」という事実は情報機関に記録され、その情報は金融機関で共有されます。
そうなると、今現在借り入れしている金融機関による途上与信審査で、ローンの限度額を減らされたり、追加融資ができなくなったりということも起こりえます。
審査基準は各社で違いますが、このように共有されている信用情報に関してはある程度確かな基準があります。他社も含めた借り入れ総額が年収の3分の1に収まっているかとか、返済金の延滞があるかどうかとかなどです。